UQモバイルのSIMカード契約でキャッシュバックをもらう方法

当ホームページへお越しくださいまして、ありがとうございます(^o^)

UQモバイルでキャッシュバックとは?その内容やもらうための条件などをまとめます!

2017年、2018年とUQモバイルのホームページを見守って(!?)来ましたが、いつ見てもキャッシュバック額は『13,000円』が最大値となっています。

その月によってキャッシュバックの額が大きく変わるMVNOもあるのですが、そうなりますと、契約した次の月なんかにはもっと高額なキャッシュバックになっていたりして、損した気分になってしまったりもするものです…

その点、UQモバイルでは一貫したキャッシュバック13,000円!というわかりやすく、いつ契約しても損した気分にならずに済むMVNOのひとつであると思えます。

UQモバイルでキャッシュバックがもらえるWebページとは?

『UQモバイル』とひとくちに言っても、実はWeb上では申し込みページ(サイト)が1つだけではありません。

本家、とも言える『UQ mobile』と、その他に”正規代理店”という位置づけである『LinkLife(リンクライフ)』と『BIGLOBE UQ』という2つがあります。

どちらもUQモバイルが格安スマホ(MVNO)に参入する以前の『UQ WiMAX』時代からやはり正規代理店としてUQの商品の取り扱いをおこなっていました(今もしています)。

…いずれにせよUQmobileの店舗ではなく、Web上のキャッシュバックキャンペーン専用ページでの申し込みであれば、本家であろうと代理店経由であろうと、キャッシュバックが受け取れる事実には変わりありません。

 

キャッシュバックをもらいたい場合には、くれぐれもUQショップにふらふらっと行って契約してしまわぬように注意ですね!

 

自動車保険もWeb申し込みですと10,000円引きになったりしますが、それと同じイメージでだいたい良いと思います。

また、現状3社の申し込み先がありますが、選択次第ではキャッシュバックを受け取れるまでの期間(日数)が違ったり、受け取るための条件も違いがあります。

順を追って解説して参りたいと思います。

キャッシュバックの額ともらうための条件

3社のキャッシュバック内容 UQモバイル LinkLife(リンクライフ) BIGLOBE(ビッグローブ)
キャッシュバック金額 最大で13,000円
受け 取りまでに要する期間 3ヶ月後 8ヶ月後 5~7ヶ月後
キャッシュバック適用条件

音声通話ありのプランを選択

MNP、新規契約ともにOK

(端末セット購入、SIMのみの購入いずれの場合もOK)

月額料金の支払い方法 クレカ、口座のいずれか クレカ クレカ、口座のいずれか

iPhoneセット購入の場合の

キャッシュバック受け取り

取り扱いなし

シンプルに、わりと誰でもキャッシュバックの恩恵を受ける事の出来る、わかりやすい内容となっています。

「最大で13,000円ということは、最低ではいくらだ!?」とお思いの方も多かろうと思います。

それぞれの申し込み先の特徴などを更に解説して参ります。

LinkLife(リンクライフ)を経由する場合のキャッシュバック内容

表にはあえて書きませんでしたが、LinkLife(リンクライフ)での申し込みページを見ますと『最大25,000円のキャッシュバック』と書かれています。

これは、UQモバイルと同時にWiMAX(モバイルルーター)の契約もするユーザーに限定されている額ですので、UQモバイル単体の契約時には13,000円までが最大のキャッシュバック額となります。

LinkLife経由の場合、月額料金の支払いは口座引き落としも実は可能ですが、その場合はキャッシュバック条件からは外れてしまいます。
参考記事リンク:LinkLifeでキャッシュバックを受ける条件や内容

BIGLOBEを経由する場合のキャッシュバック内容

BIGLOBE経由でも本家UQと同等の内容のキャッシュバックが受けられますが、受け取り時期が本家よりも遅めですし、BIGLOBE経由にする事で抱き合わせ的なお得なキャンペーンが付加されるわけでもありません。

UQ mobile本家での申し込みがベターで安心ではある

受け取り条件の選択肢が最も幅広く柔軟な事が特徴です。

月額使用料の支払い方法にクレジットカード払いを選んでも口座引き落としを選んでもキャッシュバック対象ですし、iPhoneの購入でもOKです。

そしてなによりUQモバイルを使うのだからUQ mobileで契約したい、というストレートさはユーザーにとって最もわかりやすいと言えますね(^o^)

キャッシュバックの案内メールのドメインも、UQモバイル本家から送られてきますので、見落としの可能性もぐんと下がりますし、契約者側としては安心感もあるかと思います。

 

これ結構大事だと思う…!

 

ちなみに、UQ本家で契約しようとも代理店経由で契約しようとも、いざ使い始めた時には『UQ mobile』本家からの月額料金の請求となりますし、当然、使う電波もUQ mobileのものになります(いわゆるau系回線)。
月額料金の差ももちろんありません!

プランごとの3社でのキャッシュバック額の差

それではいよいよ、選択するプランごとのキャッシュバックの額の違いについて触れていきます。

最大キャッシュバック額は3社ともに13,000円ですが、プランごとによって微妙にもらえる金額に差が生じます。

  プランS プランM プランL
UQ mobile(本家) 10,000円 11,000円 13,000円
LinkLife UQモバイル 11,000円 12,000円 13,000円
BIGLOBE UQモバイル 10,000円 11,000円 13,000円
 
こうして見比べてみますと、プランSプランMを検討している方で、1,000円でも多くキャッシュバックを受け取りたい人』にとってはLinkLife経由でUQモバイルの契約に軍配が上がります(1,000円ほど公式とBIGLOBE UQ経由より多くなっているため)
また、LinkLifeのみ、プランMかLの場合には初期費用3,000円分が0円で済みますので、ここもかなり魅力的だと思われます。

データSIM(音声通話なし)の場合のキャッシュバックは?

「音声通話SIMではなくデータ通信のみをする」ためにUQモバイルを使いたい人も結構いらっしゃると思います(いわゆるサブ機として)

UQmobileの通信速度はMVNOの中ではトップクラス(Yモバイルと2強状態)ですので、3キャリアからの乗り換えを検討しているスマホユーザーさんにとっては、そこに魅力を感じる場合も少なくないと思います。

しかし!データSIM単体契約の場合のSIMカードの契約においてはキャッシュバックはUQ本家であろうと代理店経由であろうと、付きません。

ただし、『データ高速と音声プラン(月間3GB、通話料20円/30秒)』というプランの選択肢がUQmobileにはありまして、その場合にはUQmobile公式かBIGLOBE UQを経由した場合にのみ5,000円のキャッシュバックを受ける事が可能となっております(LinkLife経由ではこの場合は除外されます)

iPhoneの購入を同時にしたい場合にもキャッシュバックは受けられる?

これは、受けられる場合と受けられない場合があります。

UQmobile本家かBIGLOBE経由の申し込みの場合には上述した通りの内容のキャッシュバックのキャンペーンの対象となります。

ではLinkLifeは?と言いますと、iPhoneの取り扱いがありませんので、購入と契約を同時に行いたい場合には不向きとなってしまいます。

『UQmobileのSIMカードでiPhoneを使いたい人で、本体も同時に買いたい人や、キャッシュバックが欲しい!』という人は、UQmobile公式ページかBIGLOBE UQのページから申し込むほうがお得になります。

キャッシュバックが振り込みされるのはいつ?

ステップとしては、

  1. 契約
  2. キャッシュバック案内メール受信
  3. キャッシュバックが口座に振り込まれる

となります、項目にするとシンプルなのですが、受け取りまでには結構な日数がかかってしまうことは致し方ありません。

UQ本家がやはり最もわかりやすく、契約(開通)から3ヶ月後にキャッシュバックの案内メールが来ます。

では、代理店経由の場合は?と言いますと、キャッシュバック案内メールが届くのがLinkLifeの場合は4~6ヶ月後、BIGLOBEの場合は7ヶ月後、となります。

振り込み口座の指定をして、だいたい翌月には振り込みが行われる、という口コミがネット上には多い事が確認出来ました。

代理店経由の場合はざっくり半年は待たなければいけない、くらいの覚悟が必要と言えます。

キャッシュバック口座登録案内メールの見落としや無視はNG

待つ側としては3ヶ月~半年ちょっとは長いものです。。

しかし、必ずキャッシュバック受け取り口座の登録の旨を記したメールが届きますので、その際にアドレス変更などにより送信不可能状態になっていたり、届いているのに未開封なまま放置していますと、キャッシュバックの受け取りが不可になってしまいます。

シンプルな事ではありますが、フリーメールなどで申し込みがOKな分、日頃から様々なメール(ショッピング系やメルマガなど)を受信しまくっている人がほとんどであろうと推測されます。

メールの受信を確認しましたら、受け取り希望口座の登録案内が記載されているURLからジャンプして必要事項の入力をすることで、翌営業日には振り込みが完了します。

メール案内が来るまでが長いのですが、そこからはわりと早めに入金されるのはうれしいですね!

送信元メールアドレス(ドメイン)

念の為補足として、、

UQ mobile公式ページでキャッシュバック付きの申し込みをした場合は『uq-cashback@dsg.uqc.jp』というメールアドレスから送られてきます。

LinkLife経由で申し込みをした場合は、『info@uqmobile-store.jp』などとなっております。

…まぁなかなかUQモバイルのキャッシュバックを偽装した詐欺メールなどは来ないと思われますので、そこまで神経質になるよりも、むしろ受信したメールを確実に確認する事ですね。。

万が一も備え、迷惑メールボックスも時々確認してみたほうが良い場合もあるかもしれません。

4ヶ月以内の解約や月額料金滞納はキャッシュバック対象から外れます

5ヶ月以上は使う事が条件、とも言い換えできますね。

また、その4ヶ月間でプランの変更をしてしまった場合もキャッシュバック条件から外れてしまいますので注意が必要です。

最初に申し込み入力をする際に、ご自身のスマホの使い方をしっかりご検討した上でプランの決定を行う必要がある、と言えそうです。

これ案外やっちゃう人多そう…!?

MNPでUQモバイルの契約をしてもキャッシュバックの対象となります

新規契約のみならず、MNPを使ってUQモバイルと契約をしてもキャッシュバックの対象となりますので、特にキャリアから乗り換えの場合には月額料金のお得さ+キャッシュバックのダブルなメリットが大きくなります!

やや長くなりますので、別ページにまとめました。

いくつかの踏むべき手順や注意事項がありますので、よろしければ参考にしてみてくださいm(__)m

参考記事:https://zapmc.org/uq-mnp/

スマホ本体を同時に購入したい人にこそキャッシュバックが更に活きる108円スマホが存在します

『実質0円、実質100円、実質108円』などという文言がスマホを契約(機種変)する際にしばしば飛び交っています。

これは主に3キャリアで古くからあるもので、購入サポートの恩恵を受けながら、いわゆる『2年縛り』を条件に本体代が割り引かれてお安くなる、という内容です。

このような本体代をお安くするサポートはMVNOの中ではなかなか少ないのですが、そんな中UQmobileにはしっかり存在しています。

本体を自分で用意するのではなく、SIM契約と同時に買いたい人にとって大変有効なサポートです。

格安スマホの売れ筋上位機種は、ややシンプル目でありつつ最低限以上の機能が備わっている3万円前後の端末である、という結果がここ数年では定着しています。

代表例は2017年ですとHuaweiのP10 lite、2018年ですと同じくHuaweiのP20 liteです。